評判の結論だけ確認する場合はこちら>>

 

 

 

◆2chで評判のかもめインターネットは快適にネットができる?

 

■制限なしのかもめインターネットの評判は?

 

・ 回線の速度制限のないプロバイダって本当?
・ 実際に使っている人の評判は?

 

 

スマホを使っている方はダウンロードの容量などを気にしていると思います。
パケット通信の通信総量によって速度制限があります。

 

 

でも固定回線でも速度制限を受ける場合があるのです。
それがP2P技術などを使ったアップロードの制限です。

 

 

P2P技術はネットゲームなどでも利用されているのですが、ファイル交換ソフトでも
利用されていて一時期かなり問題になりました。

 

 

プロバイダによってはこのファイル交換ソフトの利用を制限するためにP2Pによる
通信を監視するようになりました。

 

 

アップロード容量に対して速度制限をするプロバイダが多い中で制限なしのプロバイダで
注目されているのがかもめインターネットです。

 

 

ネットゲームをする人、Skypeなどを利用する人にはかなり人気があるそうです。
でも本当に使いやすいプロバイダなのでしょうか?

 

 

そこで実際に利用している人の評判を調べてみました。

 

 

■2chでかもめインターネットの評判を調べてみる

 

・ 大手掲示板サイトの評判はどう?
・ スピードテストの結果は?

 

 

利用しているユーザーの意見を調べるために大手掲示板サイトの2chを確認してみます。
多くのスレッドがある中にかもめインターネットに関するスレもありました。

 

 

かなり多くの書き込みがありますが、多くの場合はかもめインターネットの通信速度に
関する意見や質問でした。

 

 

2chの中でもかもめインターネットは速度制限がされない快適なプロバイダとして
注目されているようです。

 

 

実際にかもめインターネットを使っているという書き込みを見てみると確かに
通信速度が速く、制限無しで利用できるプロバイダのようです。

 

 

実際にスピードテストの結果を公表しているユーザーもいました。
その方の状況では下り200Mbps以上という速度が平均してでていました。

 

 

確かに固定回線の通信速度としてはかなり快適で、ネットゲームなどでも問題なく
接続ができると思います。

 

 

確かにスピードテストの結果もよく、速度制限がないプロバイダとしてもかなり
人気がありました。

 

 

でも書き込みをさらに詳しく見てみると不満点もありそうです。

 

 

かもめインターネットを利用している人の不満点も詳しく確認してみます。

 

 

■かもめインターネットは快適なだけじゃない?

 

・ 回線速度が遅くなることもある

 

 

 

2chでの書き込みをさらに調べてみるとかもめインターネットに対する不満の書き込みも
見つけることが出来ました。

 

 

確かに他のプロバイダに比べると速度制限がなく、快適にネット接続が出来るようですが
混雑している時間帯になると通信速度が少し落ちるという方も見られました。

 

 

以前は神奈川県限定でサービスを行っていたのでその時代を知っているユーザーには
全国対応になり混雑がかなり大きくなった状況はやはり遅く感じるようです。

 

 

実際に神奈川県内では下り最速700Mbpsという速度がでていたという方もいます。

 

 

 

評判がよく、多くの人が利用するプロバイダとなってからは多少混雑が多く
回線が不安定に感じるという方もいるようです。

 

おそらく人気がでて多くの人が利用するようになったことが原因だと推測します。

 


■トータルした2chでのかもめインターネットの評判は?

 

・ 神奈川県内では最適なプロバイダ
・ 神奈川意外でも他のプロバイダと比較すると圧倒的

 

 

色々と書き込みを調べてみましたが、総合して2chでのかもめインターネットの
評判はどのようなものでしょうか?

 

 

かもめインターネット自体が神奈川限定でサービス開始したこともあり、回線の
設置状況が他の地域とは違っています。

 

 

神奈川県内では自社の回線、他県ではサンネット回線を利用しているので
どうしても神奈川県内ではサービスが変わるようです。

 

 

安定して高速通信が出来るのは神奈川県内のユーザー、それ以外の場合は
混雑している時間帯には若干速度が遅くなる場合があるという評価でした。

 

 

ただ、他のプロバイダとくらべて制限、規制なしなので、神奈川以外でも
かもめインターネット以上の速度がでるプロバイダはなかなかないといった印象です。

 

 

 

また、固定IPサービスをかなりお得な金額で行っているのでそれに対する評判は
やはり高くなっていました。

 

 

自分でサーバーを立てている人にはそれなりの上がり速度があり、固定IPが
お得に利用できるかもめインターネットはやはり評判が良かったです。

 

 

 

 


>>爆速プロバイダで評判のかもめインターネット

 

 

 

 

◆かもめインターネットのping値、府中インターネットとの違いはある?

 

 

■インターネット回線の速度、気にするのはどんなところ?

 

・ かもめインターネットのメリットはどこ?
・ Ping値はどんな数値で何に影響がある?

 

 

インターネットのプロバイダを探すときにどのようなところを気にしていますか?

 

 

最近ではネットゲームも家庭用ゲーム機で出来るようになり、手軽に通信対戦が
出来るようになりました。

 

 

そこでネットゲームが快適にできるプロバイダを探している方も増えているようです。

 

 

そんなユーザーに注目されているのがかもめインターネットというプロバイダです。
こちらはどこがユーザーにとってのメリットになるのでしょうか?

 

 

調べてみると通信速度などもあるのですが、何より速度制限のないプロバイダとして
注目されているのがわかりました。

 

 

元々固定回線ではスマホのように速度制限はないのでは?
と考えましたが、実は固定回線でも速度制限を受ける可能性があるのです。

 

 

それがP2P方式の通信を行っている場合です。

 

 

ファイル交換ソフトで注目されたP2P方式の通信ですが、実は色々なところで
利用されている通信技術の1つです。

 

 

最近ではネットゲームでもP2P方式を利用しているのでプロバイダによっては
規制があるとネットゲームがやりにくくなってしまいます。

 

 

そこで速度制限のないかもめインターネットが注目されるようです。
でもかもめインターネットのping値はどうなのでしょうか?

 

 

こちらも詳しく調べてみます。

 

 

■ping値ってどんなもの?

 

・ 通信回線の反応速度がping値
・ 数値が少ないほど短時間でデータのやり取りが出来る、反応が速い

 

 

まずping値とはどの様な数値のことなのでしょうか?
簡単に言うと通信回線の反応速度のことです。

 

 

ゲームで考えるとボタンを押してから実際にゲームに反映されるまでは体幹では
ほとんどタイムラグがないと思います。

 

 

通信ゲームの場合はサーバーなどにそのデータを送る必要があるので通信回線が
速く、反応がいい回線ではタイムラグを感じること無く反映されます。

 

 

このボタンを押してから画面に反映されるまでの反応速度がping値です。
つまり数値が少ないほど素早く反応してタイムラグを感じることがないというわけです。

 

 

パソコンのゲームではFPSなどの大人数で酸化するゲームでは反応速度はとても重要で
このping値が少ないほうがかなり有利と言われています。

 

 

家庭用ゲーム機でも対戦格闘などが出来ますがあまりにping値が大きな場合では
一方的にやられて何も出来ずに終わってしまいます。

 

 

その為にping値の小さなプロバイダを探して契約をするわけです。

 

 

■かもめインターネットのping値はどれ位?

 

・ ping値は回線状況や地域によっても変わる
・ 100を超える場合はかなり遅く通信ゲームには向かない

 

 

では実際にかもめインターネットのping値はどれ位なのでしょうか?
実際に使っている方の口コミなどで確認してみました。

 

 

ちなみにping値は使っている回線や回線状況、利用者の地域などでも大きく
変わるのであくまでも参考程度の数値になります。

 

 

速い人ではping値20程度で快適に出来る、という方もいますが遅い場合は
80程度とかなりの差がでていました。

 

 

平均すると40から50程度、それなりに反応速度は良い方だと思います。

 

 

かもめインターネットの場合は速度制限のないプロバイダとしての特徴もあり
ネットゲームをする人にとってはかなり使いやすいプロバイダの1つです。

 

 

地域によってはひと桁台のping値を記録した所もあるようなので反応速度も
悪く無いと思います。

 

 

では他のプロバイダとの違いはどれ位あるのでしょうか?

 

 

同じように速度制限のないプロバイダとして注目されている府中インターネットの
ping値を確認してみます。

 

 

■府中インターネットとかもめインターネットの違いは?

 

・ 府中インターネットには固定IPサービスがない
・ ping値は府中インターネットのほうが良い?

 

 

府中インターネットは広島県でサービス開始されたプロバイダです。
現在では全国対応になっていますが、基本的には西日本で多く利用されています。

 

 

こちらもかもめインターネットと同じように速度制限のないプロバイダとして
注目されていますが違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

一番大きな違いは府中インターネットでは固定IPオプションがありません。
かもめインターネットでは複数の固定IPを取得することもできます。

 

 

ただしping値に関しては府中インターネットのほうが良い、という噂も
実際に計測された数値を探してみましたが、見つかったのは一つだけでした。

 

 

しかもそのping値は1というかなりの速度です。
これが全てのエリアで出るわけではないのですが、かなり反応がいいという印象です。

 

 

ネットゲームをする場合には通信速度よりもping値の方が重要と言われています。
ネットゲームを快適にする場合はping値も注目してはいかがでしょうか。

 

 

 

◆他のプロバイダの規制情報と比べるとかもめインターネットはかなり快適!

 

■速度制限のないかもめインターネットはどう?

 

・ 他のプロバイダの規制情報は?
・ かもめインターネットの特徴は?

 

 

速度制限と聞くとスマホなどのモバイル通信を思い出しますが、実は固定回線でも
速度制限はあるのです。

 

 

光回線を使っていても利用者が多くなる時間帯では回線速度が遅く感じることも多く
その時に大きな通信をしていると他のユーザーがさらに使いにくくなります。

 

 

そこでプロバイダでは大量通信をする可能性のあるP2P方式の通信を規制することで
回線の安定性を図っています。

 

 

ファイル交換ソフトで利用されたP2P方式の通信は多くのデータを長時間かけて
通信をすることができます。

 

 

その為にSkypeやネットゲームでも利用されていますが多くのプロバイでは
P2P方式の通信自体を規制してファイル交換ソフトの利用を防ごうとしています。

 

 

その為にネットゲームをする人は速度制限のないプロバイダを探しています。

 

 

かもめインターネットが注目されるのはこのような理由からです。
でも他のプロバイダではどのような規制がされているのでしょうか?

 

 

まずはプロバイダの規制情報を確認してみます。

 

 

■P2P方式の通信を規制しているプロバイダの状況は?

 

・ かなり厳しく速度制限をしているプロバイダの情報は?
・ プロバイダで速度を制限している所も多い

 

 

まずは他のプロバイダで行っている規制情報を確認してみます。
かなり厳しい規制をしているプロバイダの状況を調べてみました。

 

 

大手プロバイダではBIGLOBEがかなり厳しい規制をしています。
P2P方式の通信はゲームなどの場合でも関係なく速度制限があります。

 

 

条件としては1日で30GB以上のアップロードをすると速度制限がされます。
その速度は断線に近いくらい遅く、まともにネット接続が出来ないほどと言われています。

 

 

他にも@niftyやSo-netなどもかなり厳しい速度制限があります。
条件はやはりアップロード30GBを超える場合とファイル交換ソフトの利用がわかった時。

 

 

大手以外のプロバイダではアップロード量が10GBくらいでも速度制限がかかる場合も。

 

 

この他には転送速度を保つために動画配信サイト限定で速度制限をしているという
プロバイダも見つけることが出来ました。

 

 

それとモバイル通信を提供しているUQ WiMAXではP2P方式の通信を全てプロバイダで
通信不可能にしています。

 

 

プロバイダによってはこのようにかなり厳しい規制措置をとっている所もありました。
ではそれほど厳しい規制をしていないところはどのようになっているのでしょうか?

 

 

■あまり厳しい規制をしていないプロバイダは?

 

・ 地域限定やケーブルテレビ系プロバイダは比較的緩め
・ 1日30GB以上のアップロードは速度制限される可能性が高い

 

 

比較的厳しくない制限のプロバイダを探してみると、地方限定のサービスを行っている
プロバイダやケーブルテレビのプロバイダが多くあります。

 

 

東海地方限定の光回線を提供しているコミュファや関西電力のeoなどがあまり厳しく
速度制限をしていませんでした。

 

 

他にも中国電力や長野のJAが提供しているプロバイダなどでもそれほど厳しく
速度制限をしているところは見つかりませんでした。

 

 

ただし転送速度の規制はあるようで、ほとんどのところでは30GB以上のアップロードを
1日で行った場合には速度制限をかけるようです。

 

 

また速度制限は厳しくないのですが小規模のプロバイダが多いので通常の通信速度が
それほど速くないというデメリットも。

 

 

大手プロバイダほど安定して速度が出せないのでそれほど厳しく速度制限をしていない
というプロバイダもありました。

 

 

P2P方式の通信の場合は地方限定のサービスのほうが使いやすい場合もありそうです。

 

 

■かもめインターネットの特徴とは?

 

・ 速度制限が全く無いプロバイダ
・ 神奈川県以外だと速度が遅くなる可能性も

 

 

改めてかもめインターネットの特徴を確認してみます。
他のプロバイダの規制情報を調べてみるとかもめインターネットの特徴がわかります。

 

 

P2P方式の通信を始め、転送量の多い動画配信サイトなど全ての状況で速度制限が
かからないのがかもめインターネットです。

 

 

他のプロバイダで多く行われている1日30GBのアップロードも制限なし。
全国対応のプロバイダとしてはかなり嬉しいサービスの提供となっています。

 

 

 

かもめインターネット以外にも地方限定で快適に使えるプロバイダもあるので、契約する前にその地域での
口コミなどをしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

 

◆制限なしサービスの提供をしているかもめインターネット、実現できる理由とは?

 

■かもめインターネットは速度制限がないプロバイダって本当?

 

・ 固定回線でも速度制限がある?
・ かもめインターネットに制限がない理由とは?

 

 

ネットゲームをするときなど、回線速度を気にする方は多いと重います。
でも対戦型のゲームをする場合には速度と同じように規制状況が重要になります。

 

 

対戦型のネットゲームでは通常のインターネット回線の利用方法とは違うP2P方式の
接続を利用する事が多くあります。

 

 

このP2P方式とはパソコンなどの端末同士を直接接続する方法です。
サーバーを中継しない分だけタイムラグの発生確率が少なくなります。

 

 

ただしこのP2P方式の通信はファイル交換ソフトでも利用されています。
その為にプロバイダではP2P方式の接続自体を規制していることが多いのです。

 

 

家庭用ゲーム機でも対戦型のネットゲームが出来るようになった現在では
通信速度制限をかけていないプロバイダを選ぶことが重要になります。

 

 

そこで注目されているのがかもめインターネットです。

 

 

こちらはP2Pによる通信の速度制限を行っていないプロバイダとしてかなり
人気となっているようです。

 

 

かもめインターネットのことをもっと調べてみました。

 

 

■かもめインターネット特徴とは?

 

・ P2P方式の通信をしていても速度制限がされない
・ 固定IPのサービスを低価格で行っている

 

 

まずはかもめインターネットの特徴を調べてみます。
やはり気になるのは速度制限のないプロバイダということです。

 

 

公式サイトを見ても制限が全く無いプロバイダとして宣伝されています。
確かにP2P方式の通信も転送量による制限も行っていませんでした。

 

 

P2P方式の通信、特にファイル交換ソフトの利用を見極めるのに転送量の確認を
することがあります。

 

 

ファイル交換ソフトを利用しているとアップロード量がかなり多くなる特徴があり
それが回線独占をして他のユーザーの通信速度を圧迫することがあります。

 

 

その為にプロバイダの多くはアップロード量が1日30GBを超えた場合に
速度制限をするという規制をかけています。

 

 

かもめインターネットの場合はP2P通信も1日の転送量もすべての制限がなく
ネット接続が出来るようになっていました。

 

 

この他にも特徴としては固定IPサービスを低価格で提供しています。

 

 

では何故かもめインターネットは速度制限をせずにサービスの提供が出来るのでしょう?
もう少し詳しく調べてみます。

 

 

■かもめインターネットが制限無しで出来る理由とは?

 

・ 利用しているユーザー数が大きなポイント

 

 

 

まずかもめインターネットがどのようなサービスをしているのかを再確認します。
プロバイダサービスですが回線も同時に契約することができます。

 

 

利用できる回線はフレッツ光、NTT回線をかもめインターネットがレンタルをしていて
その回線を提供しています。

 

 

つまりかもめインターネットから申し込みをしてフレッツ光を利用する場合は
その回線を利用しているのはかもめインターネットを契約したユーザーのみです。

 

 

ユーザー数が大手プロバイダと比べて少ないことが制限なしを実現できる理由なのです。

 

 

P2P方式の通信をすると回線を広く利用して他のユーザーの通信速度まで圧迫するのが
問題ですが、ユーザー数が少ないために回線の圧迫がありません。

 

 

当然利用しているユーザーが少ないので回線速度も速く、快適なネット接続が出来ると
評判になっています。

 

 

ただし回線が制限無しで利用できるのはユーザー数のため、ということなので今後は
利用者が増えると制限がかかる可能性も考えられています。

 

 

現状ではかもめインターネットから制限開始のアナウンスはありませんが
今後の動向には注意が必要になります。

 

ただ現在入るとしたなベストなプロバイダかと思います。

 

 

◆かもめインターネット以外のその他のプロバイダの規制情報は?

 

 

 

■プロバイダが行っている速度制限の情報を知りたい!

 

・ かもめインターネットは制限なしのプロバイダって本当?
・ 他のプロバイダの制限情報を知りたい

 

 

モバイル通信ではパケット通信の使いすぎで速度制限をされることがあります。
この速度制限が固定回線でもあると聞いたことがあります。

 

 

実際に多くのプロバイダではモバイル通信と同じように回線の独占利用を防ぐために
回線速度の制限を行っています。

 

 

モバイル通信ではダウンロード量が制限対象となりますが固定回線ではアップロードの
容量によって制限をかけられます。

 

 

これはP2P方式の通信技術を利用したファイル交換ソフトの利用が問題となったためです。

 

 

多くのプロバイダではファイル交換ソフトの利用を監視するためにアップロード量の
規制をかけるようになりました。

 

 

ただP2P方式の通信はファイル交換ソフトだけではなくネットゲームなどでも
利用されています。

 

 

そこで速度制限のないプロバイダに注目が集まるわけです。

 

 

現在規制のないプロバイダとして注目されているのはかもめインターネットです。
このプロバイダと他のプロバイダの規制状況を詳しく確認してみましょう。

 

 

■大手プロバイダの速度制限の状況は?

 

・ 厳しい速度制限の条件を決めているところが多い
・ P2P方式の通信はほとんどが規制対象

 

 

まずは大手プロバイダの固定回線通信速度制限の条件を確認してみます。

 

 

業界最大手と言われているOCNでは比較的ゆるめですが速度制限をすることがあります。
その条件が1日30GB以上のアップロードをすることです。

 

 

P2Pに対する規制の条件はなく、通信量に対する速度制限のみです。
ただしユーザー数がかなり多く制限がなくても混雑時には速度が出ないことも多いです。

 

 

BIGLOBEではOCNと同じように1日30GB以上のアップロードをした場合に
速度制限がされます。

 

 

その他にはファイル交換ソフトにかぎらず大量の通信を継続的に行った場合は
プロトコルによる速度制限をする場合があります。

 

 

So-netでは詳しい速度制限の条件を公表していませんが、やはり他のプロバイダと
同じ1日30GBが条件のようです。

 

 

更にP2Pでの通信に関しても速度制限をしているようで通信速度が1Mbps以下になる
という口コミもありました。

 

 

大手プロバイダでは厳しいところではP2Pを使っている場合、ファイル交換ソフトの
利用以外でも速度制限されるというのが現状のようです。

 

 

■地方限定のプロバイダや小規模プロバイダの場合は?

 

・ 地方の電力系プロバイダはあまり厳しくない
・ 小規模プロバイダはかなり厳しく規制している所も多い

 

 

次に地方限定のプロバイダなどの状況も確認してみます。

 

 

関西地方で回線提供もしているeoは関西地方限定のプロバイダです。
こちらでは1ヶ月の転送量で速度制限の規制をかけています。

 

 

プランによって制限の上限が違いますが200Mプランでは月2TB以上の通信をすると
翌月に速度制限がかかるというメールが届きます。

 

 

中部電力が提供しているコミュファ光では公表されている速度制限はありません。
ただしP2Pに対する速度制限がされているとの噂があります。

 

 

小規模のプロバイダではhi-hoでちょっと厳し目の制限がありました。
こちらは月15GB以上のアップロードで速度制限がかかります。

 

 

全国対応のプロバイダでも回線の状況によっては厳しい速度制限が必要と
判断しているところは多くありました。

 

 

ではかもめインターネットの状況はどうなっているのでしょうか?

 

 

■かもめインターネットは速度制限がないプロバイダ

 

・ 転送量やP2P方式の通信制限が一切ない
・ 回線速度は地域によって変わるので注意

 

 

かもめインターネットの公式サイトを見てみると確かに制限のないプロバイダとして
宣伝されています。

 

 

実際にアップロード量に対する速度制限もP2P方式の通信に対する制限も行っておらず
プロバイダから速度の制限をかけることはしていませんでした。

 

 

かもめインターネットでは固定IPサービスの展開もしていて、自分でサーバーを
立てている方も利用しています。

 

 

そのためにアップロード料が多くなるユーザーにはかなりおすすめできるプロバイダです。

 

 

現在はP2P方式に対する規制もないのでネットの対戦ゲームなどをするユーザーでも
快適に楽しむことが出来そうです。

 

 

他の大手プロバイダに比べると会員数も少ないので混雑する時間帯でもそれほど速度が
落ちずネット接続が出来るのも魅力です。

 

 

ただしインターネット回線の通信速度は利用する地域によって大きく変わります。
それは固定回線でも同じで、プロバイダが同じでも速度も一緒というわけではありません。

 

 

速度制限をかけられていることはないのですが、通信速度が他の地域よりも出ていない
という地域はあるかと思います。

 

 

契約する前に一応口コミなどの評判を確認することをおすすめします。

 

◆プロバイダ契約の必要書類は何がある?かもめインターネットは2年縛り?

 

 

 

■かもめインターネットの契約の特徴とは?

 

・ 速度制限無し以外に特徴的なことがある?
・ 申し込みの方法などを確認してみる

 

 

ネットゲームなどをする人にとっては固定回線の速度制限はかなり重要になります。
P2Pを利用したゲームだとプロバイダによっては規制条件になっているためです。

 

 

かもめインターネットは転送量やP2P方式の通信での速度制限が全くありません。

 

 

固定IPサービスの提供や複数の固定IPサービスも行っているなどかなり特徴的な
プロバイダのサービスを提供しています。

 

 

そんなかもめインターネットに加入するにはなにか特別な書類などが必要でしょうか?

 

 

必要書類や手続きの方法などかもめインターネットの加入方法について詳しく
確認をしてみます。

 

 

■申込手続きはどこからすればいい?

 

・ 基本は公式サイトの専用フォームからの申し込み
・ 口座振替で支払いの場合は必要書類の提出

 

 

まず申し込みの方法を確認してみます。
申込手続きは基本的には公式サイトの専用フォームからすることになります。

 

 

サポートダイヤルもあるのでよくわからない方はそちらを利用して電話で詳しく
話を聞いてみることもおすすめです。

 

 

申し込みの時に登録したメールアドレスに確認のメールが来ますので登録内容などを
確認しましょう。

 

 

申し込みをした住所に必要書類などが届きます。
これを返送すれば申し込み自体は完了します。

 

 

ただし支払い方法に口座振替を選んだ場合は更に手続きが必要です。
口座振替依頼書の返送と初回利用料金の支払です。

 

 

かもめインターネットでは最初の3ヶ月間の利用料金を最初に支払いをします。
これは解約しても返金されないので契約する場合には注意しましょう。

 

 

クレジットカード支払いの場合は情報入力で終わるのですが口座振替の場合は
手続書類の提出が必要になります。

 

 

支払い方法によって必要書類なども変わるのできちんと確認をしましょう。

 

 

■フレッツ光の同時申し込みは出来る?

 

・ かもめインターネットではプロバイダの申し込みのみ受付
・ まずNTTでフレッツ光回線の契約をしてから申し込みをする

 

 

かもめインターネットはインターネットプロバイダサービスです。
フレッツ光とのセット申し込みを受け付けていません。

 

 

その為にまずフレッツ光回線を設置してからかもめインターネットへの
申し込みをすることが必要になります。

 

 

他のプロバイダから乗り換える場合はすでにフレッツ光の工事が終わっていますが
新規加入の場合はまず回線設置をNTTに申し込みましょう。

 

 

大手プロバイダなどではフレッツ光の申し込みもプロバイダ申し込みと同時にすると
お得になるキャンペーン展開などがあります。

 

 

でもかもめインターネットではセット申込の受付自体を行っていません。
その為にキャンペーン特典などはNTTで行っているもののみ適応になります。

 

 

フレッツ光の回線工事には場合によってかなり時間がかかります。
混雑している場合では1ヶ月以上先まで予約が取れないということも・・・

 

 

特に戸建てのファミリープランでは専用回線を自宅まで引き入れるための工事も
必要になります。

 

 

光回線の申し込みをする時には時間的に余裕を持ってするようにしましょう。

 

 

他のプロバイダからの乗り換えでもプロバイダ契約には多少の時間がかかります。
ネット接続ができなくなる期間ができる可能性もあります。

 

 

やはり契約には時間的余裕を持って行うことがおすすめです。

 

 

■かもめインターネットはやはり2年縛り?

 

・ かもめインターネットの最低契約期間は?
・ 違約金はかかる?

 

 

契約に関してもう1つ気になることが。
かもめインターネットの最低契約期間はどれ位なのでしょうか?

 

 

多くのプロバイダでは2年契約をすると割引、その代わり途中解約をすると
違約金が発生するいわゆる2年縛りがあります。

 

 

かもめインターネットでも2年縛りはあるのでしょうか?

 

 

規約を調べてみても契約期間に関する記述を見つけることが出来ませんでした。
あるのは初回支払い時の3ヶ月分の料金のみです。

 

 

この3ヶ月分の料金が返金対象になっていないことから3ヶ月が最低利用期間
と判断しても構わないと思います。

 

 

解約違約金などもなく、継続契約の割引もないために解約のタイミングは自分で
決めることが出来るのがかもめインターネットの特徴でもあります。

 

 

速度制限がないなどの特徴的なプロバイダがかもめインターネットですが
契約に関してもかなり特徴的という印象でした。

 

 

でも解約のタイミングを自分で自由に決めることが出来るのでインターネットの
プロバイダサービスとしてはかなり使いやすいと思います。

 

 

評判の結論に戻る>>

 

 

 

 

http://xn--n8jtcug8dphxd2gzbw982ddva230d.net/

 

http://xn--n8jtcug8dphxd2gzbw982ddva230d.com/

 

http://xn--eck1fs85lqf7atkhf9t.net/

 

http://xn--cck0am2gwhka9b8307dbvudevo.xyz/

 

http://xn--p8j6hzch1298i.com/

 

http://xn--n8jp4grfygla7087n.com/

 

http://xn--88j8dtb7fj8142dqht95m.com/

 

http://xn--88j6eta7hj2952f9nk262alnc.com/

 

http://xn--p8j6hzch2109d95ili0d.com/